FRP・GFRP・CFRPの加工

FRP・GFRP・CFRPを加工し、機械部品などを製造しています。
また、用途に応じて材質選定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

FRPの種類

FRPはガラス繊維とポリエステル樹脂の組み合わせが最も一般的ですが、繊維と樹脂の組み合わせにより様々な種類があります。

繊維としては以下のようなものが使用されます。

  • ガラス繊維
  • カーボン繊維
  • アラミド繊維(ケブラー繊維)
  • ポリエチレン繊維(ダイニーマ)
  • ザイロン繊維
  • ボロン繊維

樹脂としては以下のようなものが使用されます。

  • ポリエステル樹脂
  • ビニルエステル樹脂
  • エポキシ樹脂
  • フェノール樹脂
  • 熱可塑性樹脂

上記のように、FRPは繊維と樹脂の複合材のため様々な種類がありますが、以下の2種類が代表的です。

GFRP=Glass Fiber Reinforced Plastics=ガラス繊維強化プラスチック(ガラス繊維強化樹脂)

CFRP=Carbon Fiber Reinforced Plastics=カーボン繊維強化プラスチック
 (カーボン繊維強化樹脂 炭素繊維強化プラスチック 炭素繊維強化樹脂)

GFRP、CFRP以外には以下の様なものがあります。

AFRP=Aramid Fiber Reinforced Plastics=アラミド繊維(ケブラー繊維)強化プラスチック(アラミド繊維強化樹脂)
アラミド繊維(ケブラー繊維)は非常に切れにくく、耐衝撃性に優れ、最も優れた強度を発揮する一方で、切れにくいという特性により、自由な形状の成形を困難にし、後加工もしにくいという欠点もあります。
DFRP=Dyneema Fiber Reinforced Plastics=ダイニーマ繊維強化プラスチック(ダイニーマ繊維強化樹脂)
ダイニーマ繊維 (ポリエチレン繊維)による強化プラスチックで、高強度、熱伝導性にも優れる。
ZFRP=Zylon Fiber Reinforced Plastics=ザイロン繊維強化プラスチック(ザイロン繊維強化樹脂)
ザイロン繊維による強化で、きわめて高い強度と難燃性がある。
BFRP=Boron Fiber Reinforced Plastics=ボロン繊維強化プラスチック(ボロン繊維強化樹脂)
強度、対弾丸性に優れ、軍事兵器などに使用される。

FRPの中で最も代表的なGFRP・CFRPについては以下をご覧ください。

ガラス繊維をポリエステル樹脂、
ビニルエステル樹脂、エポキシ樹脂、
フェノール樹脂などで固めたもので、FRPの中では最も安価で最も一般的なものです。
鉄やアルミなどの金属に比べ同じ強度・剛性でより軽量化できるという特長を持つため、
スポーツ・レジャーから航空・宇宙まで幅広い分野で利用されています。
すなわち、強度を必要とし、重量を軽くしたい場合に適した素材です。
ただし、GFRPに比べ高価になります。