FRP・GFRP・CFRPの加工

FRP・GFRP・CFRPの加工

FRP・GFRP・CFRPを加工し、機械部品などを製造しています。
また、用途に応じて材質選定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

概要

FRPとは、Fiber Reinforced Plasticsの略で、繊維(Fiber)で強化された(Reinforced)樹脂(Plastics)、
即ち「繊維強化樹脂(繊維強化プラスチック)」、言い換えれば繊維と樹脂の複合材料(Composite Materials)です。

軽量で耐久性がよいことから、バスタブなどの住宅設備機器、公園の遊具、ベンチ、ゴルフクラブのシャフト、釣竿、小型船舶の船体、航空機の機体、
自動車・鉄道車両の内外装、医療機器など幅広く使われています。

FRPの中で最も代表的なGFRP・CFRPについては以下をご覧ください。

GFRP(ガラス繊維強化プラスチック=ガラス繊維強化樹脂)

ガラス繊維をポリエステル樹脂、
ビニルエステル樹脂、エポキシ樹脂、
フェノール樹脂などで固めたもので、FRPの中では最も安価で最も一般的なものです。

CFRP(カーボン繊維強化プラスチック=炭素繊維強化樹脂)

鉄やアルミなどの金属に比べ同じ強度・剛性でより軽量化できるという特長を持つため、
スポーツ・レジャーから航空・宇宙まで幅広い分野で利用されています。
すなわち、強度を必要とし、重量を軽くしたい場合に適した素材です。
ただし、GFRPに比べ高価になります。

ページトップへ戻る